第4世代原子力システムの目標


 第4世代原子力システムには、4分野(持続可能性、経済性、安全性及び信頼性、核拡散抵抗性及び物理的防護)での技術的目標が8つ定められています。多くの国でこの目標を共有し、21世紀の経済、環境、社会に対するそれぞれの要求に応えようとしています。


第4世代原子力システムの目標
持続可能性1環境を汚染することなく、長期にわたり利用可能なこと。燃料を有効利用し、世界のエネルギー需要に対して、持続可能なエネルギーを生産する
持続可能性2放射性廃棄物の最小化及び管理、長期にわたる管理負担の大幅削減。これにより、公衆衛生及び環境防護の改善
経済性1ライフサイクルコストは他のエネルギー源より明らかに上回る
経済性2経済的リスクは他のエネルギープロジェクトと同程度
安全性・信頼性1優れた安全性及び信頼性
安全性・信頼性2炉心損傷の確率と程度が非常に低い
安全性・信頼性3敷地外緊急時対策の必要性がない
核拡散抵抗性及び
物理的防護
第4世代原子力エネルギーシステムは、基本的に核物質の軍事目的への転用又は盗用が困難な設計がなされているが、確実にそのような用途への適用が行われないようにする。またテロに対する物理的防護性を確保する。

 GIF参加国は本目標の達成を目指して研究開発協力を行っています。本課題の解決は、原子力システム、エネルギー変換システム、燃料サイクル施設の設計及び建設に関連するすべての技術を革新的に促進させるものです。

 第4世代システムの開発を確実に進めてゆくためには開発国による国際協力が不可欠です。開発国が協力することで、複数のシステムと技術オプションを同時に追求することができ、さらに自国の資源不足により選択肢を早まって狭めるというようなリスクも防ぐことができるのです。