AMME Task Force


 AMME Task Force (Advanced Manufacturing and Materials Engineering)は、次世代炉の導入に必要となる時間や工程の短縮に寄与すると期待されている、先進的な製造技術と材料工学技術の利用を促進するために2020年5月に設立されました。
 本TFの活動領域は、以下に示す3つの分野であり、これは、2020年2月に開催されたGIF Workshop on Advanced Manufacturingでの議論及び本TFを立ち上げるためのインターリムTFの活動を通じ選定されました。


  • (i) Qualification (認定方法):
  •  - Promoting agility in codes and standard development
  •  - Investigating new qualification modality (e.g. real time qualification processes)
  •  - Considering requirements for component testing

  • (ii) Demonstration and Deployment (実証方法):
  •  - Material property database structure and content development
  •  - Specific component testing procedures
  •  - Generic component or similar round robin comparison activities i.e. novel IHX manufacturing

  • (iii) Design & Modeling (設計手法):
  •  - Collect practices, experience and experimental data (to feed data-driven methods)
  •  - Sharing practices for inspection and design optimization
  •  - Developing modelling & simulation benchmark solutions (V&V)

 本TFは、第2回目のワークショップを開催し、先進的な製造技術と材料工学技術の利用を促進するために必要となる設計手法、実証方法、認定方法を特定・合意していくために、現在、任意参加型のアンケート調査を実施しております(2020年度のTF活動報告はこちら)。

 本TFへの日本からの代表参加機関はJAEAですが、AMMに関するアンケートやワークショップへの参画は、AMMの開発を実施している方々に対し開かれておりますので、国内外のAMM関係者と協力し、活動を推進しております。